【斉藤由貴さん】芸能界に入られたり結婚した時は、なんと相剋の年。

もう話題は落ち着きつつありますが、

斉藤由貴さんについて、、

 

とてもマニアックな、個性の持ち主ですね。

 

時柱については、計算で出しましたが、8あるうちの4、半分が”火”の人。

 

情熱的、愛情が深い、など。

 

そして、「安定」を意味する”土”が、なんと1つもありませんでした、、、

 

通変星も、蔵干通変星合わせて8つのうち、7つが偏星。

 

”偏る”は、変わるとも読み、住まいや仕事、など、色々と変動の多い星です。

 

元命が偏印ですから、臆することなく環境を変えていけるのですね。。

 

偏印は、内からのエネルギー(アイディア、発明、思想など)が強いので、

 

芸術家、宗教家などに多い星です。

 

 

確か、彼女も信神してましたね。

 

芸能界に入られたり、結婚した時は、なんと相剋の年。

 

もともとほとんどの人にとっていいとされる食神は、

 

偏印の人にとっても真逆に働き”倒食”とされています。

 

時期としてはかなり微妙です。。

 

 

彼女は命式に偏財を持っているし、

 

”長生”はその凶意を緩めることが出来るのと、家族や周りからとても可愛がられ、

 

愛されるので、いろんな騒動を起こしても、許される???

 

そんなキャラなのかもしれません。。。

 

四柱推命でいろいろなことがわかりますね。

 

特に中国では誕生日を年まで明かすことはあまり無いようです。

 

自分の弱味をさらけ出しているような物ですから。。

 

日本人は何も気にせず、誕生日をオープンにしていますね、、、

 

社員の人材選びや、仕事のパートナーに四柱推命を利用する

 

オーナーも多くいます。

 

 

以前、投資を任せる相手をみて欲しいと言われて

 

受けた鑑定が、過去にとんでも無い詐欺師の?命式で、

 

笑ってしまったこともありました。。

 

もちろん、騙される前に取引は停止しました。

 

高いお金を出して探偵つけなくても、意外に簡単だったり。

 

四柱推命、本当に深いです(^^)

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

いつも応援ありがとうございます。

 

蓮真
今なら《四柱推命メールセミナー》を無料で公開中です。
良かったら下記からご覧くださいませ。