【四柱推命】空亡、天中殺という言い方の方が馴染みがあるかも、、、

 

 

自分の生まれ日から出す干支の組み合わせから、

十二運気星の12に対し、十干の10とで、足りない二つだけ干のない時を、

空しく亡ぶと書いて空亡(クウボウ)とよびます。

 

天中殺という、不気味な言い方の方が馴染みがあるのかもしれませんが、

字を見ての通り、あまりいい運気ではないと言うのが一般的です。。。

 

私が最初に学んだ四柱推命でも、ガッツリ空亡の時期を観ていましたし、

自分の過去と合わせてみてもなるほど、と言うことが多かったですから

そのままの意味で使ってました。

 

でも、四柱推命の中でも空亡を見ません、という流派もありますね。

 

空亡は、その巡ってくる大運や流年、変通星によっても変わって来ます。

 

支合、三合で無くなるし(解空)、十二運気星の組合せが3つずつ揃ってる場合も

無くなります(方合)

 

実際は、50%、というところでしょうね。。。

 

あまり意識しすぎて消極的に生きるより、それを分かった上で行動することを

最近ではおすすめしています。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

いつも応援ありがとうございます。

 

蓮真
今なら《四柱推命メールセミナー》を無料で公開中です。
良かったら下記からご覧くださいませ。