【四柱推命】アメリカ人はほとんどO型だから血液型占いは使われない

 

十二運の中での表現で、身旺、身弱と言った見方があります。

 

冠帯、建禄、帝旺、などが身旺。

 

病、死、墓、絶、、などが身弱。

 

それ以外は、中強、中弱、、みたいな。

 

それだけでいうと、自分の命式にズラっとそれが来ていると喜んだり、

がっかりしたり、、、してしまいがち。

 

でも、血液型ではないんですから、そんな簡単なものではありません。

 

余談ですが、、、

アメリカ人はほとんどO型だから、向こうでは血液型での性格判断は、

全く使われていないのだそうで、、、(*^^*)

 

強さや弱さは、日主と、自分が生まれた季節とが合っているのかの判断や、

通変星8個から計算して出したりと、総合的にみないと判断できません。

 

それで、、、

強かったらいいのか?弱いと悪いのか?

と言った事を皆さんすぐ聞きたがるのですが、

 

そういう事で出す単純な答えとしては、

 

強すぎると無理しすぎてしまう、、、

弱すぎると、無理がきかないから、カラダ壊しますよ、、、

 

といったところでしょうか。。。

 

その人の巡ってくる大運、流年、月運、日運は、常に流れていますから、

強いからいい!と言えるものではありません。

 

身旺の人に比肩(我の星)が回ってくると、

ただでさえ強いのにさらに強くなり、精神的に不安定になりますし、

 

比肩は財星を剋すので、経済的に厳しくなったりします。

 

吉凶の波の振り幅も大きくなります。

 

中強、中弱の場合は変化が穏やかで、そこそこ凶運も凌げたりします。

 

身弱の場合はちょっと注意が必要ですが、分かって対処できれば大丈夫です。

 

実は男女によっても違います、、

 

それは、世の中の、男は強く、女は強すぎると微妙、、、

という考え方と似ていますね。笑

 

話はそれますが、漢字のイメージも、色々ですね。

”墓”や、”死”なんて、字を見るだけで嫌なものを連想してしまいますから、、、

 

でも、”墓”には、土に財宝がたくさん埋まってるということから、

大財を手にする運気もありますし、

 

”死”とはこの世とあの世の境という事で、

とても精神面が研ぎ澄まされ、感性が豊かになるのです。

 

色々な見方があるので、パッと見で一喜一憂するのは

疲れるだけかもしれません。。。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

いただきありがとうございます。

蓮真
今なら《四柱推命メールセミナー》を無料で公開中です。
良かったら下記からご覧くださいませ。