変通星(通変星)で、いわゆる星座のように個性を見ることが出来ます。

変通星(通変星)で、いわゆる星座のように個性を見ることが出来ます。

 

 

10ある星の中で、

 

比肩、劫財、傷官、偏官、偏印は凶星。

 

食神、偏財、正財、正官、印綬は吉星。

 

吉ときくと、それがいい。と思ってしまいがち。

 

吉がたくさん揃えばいいとか、凶だから、ダメとか、

 

そのもの自体で決まるものではありません。

 

 

先日の鑑定で、少し勉強されている方から、官星がないから、

 

何かそれを補う必要があれば教えてほしい。

 

と言うのがありました。

 

 

官星といっても、正官、偏官、、傷官?

 

全く違います。

 

 

例えば、“印綬”の人は“正財”があったら、

 

吉星なのに、成功が遅くなったり、運気に雲がかかります。

 

 

でも、そこに“正官”があると、逆転、とびっきり良くなります。

 

 

例えば福の神とされる“食神”も、多いと異性問題や結婚に支障あったり、

 

礼義を欠いたり。

 

でも、そこに偏印があると、 凶意を抑えてくれます。

 

でも、1つだけだと、邪魔するだけ!になります。

 

 

みなさん、イメージで観られる方が多いようですね。

 

陰陽で変わってきますので、自分の個性として全体を見て

 

把握するのがいいと思います。

 

追記。

その方の命式を出してみたら、しっかり“正官”入ってました(^^)

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

いつも応援ありがとうございます。

 

 

蓮真
今なら《四柱推命メールセミナー》を無料で公開中です。
良かったら下記からご覧くださいませ。