【四柱推命鑑定】十二支の相性がどうかでわかること PART2

 

今日は、刑冲破害ケイチュウハガイの冲について。

 

七冲とも呼び、七殺と同様に相剋の関係。

 

一方が剋され、消される形のことを言います。

 

刑沖害破のなかで最も凶意が強い。

 

そして、月支にかかる場合が最も影響が大きいとされます。

 

子と午、、、水剋火。午が消され

 

酉と卯、、、金剋木。卯が消され

 

申と寅、、、金剋木。寅が消され

 

亥と巳、、、水剋火。巳が消され

 

上から順に凶害が強いです。

 

 

 

辰と戌  丑と未は、土同士なので凶害は少ないです。

 

私は鑑定では、上二つで十分わかるので、破、害は観ていませんが、

 

どんなものかわかっておくと参考になると思いますので、また今度書きますね。

 

クライアント様に書いている命式の中にある

 

赤い実線と、点線が刑、冲になります。

 

ない場合は、巡る時期だけを見ればいいので、安心ですね(^^)

 

四柱推命って、本当に奥深いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

いつも応援ありがとうございます。

蓮真
今なら《四柱推命メールセミナー》を無料で公開中です。
良かったら下記からご覧くださいませ。