【四柱推命】離婚が新しい幕開けになる人も女性は特に多いのです!

 

ご紹介でご相談を受ける内容で、少なくないのが、離婚について。

 

 

なかなか上手くいかないので、どうしたものかという場合と、

 

離婚になるならいつなのか(がいいのか)、、、などさまざま。

 

 

結婚=幸せ

 

離婚=不幸

 

の定義が一般的にはまだまだあるようですが、

 

実は逆の場合もよくあります。

 

 

離婚というとネガティブなものを連想しがちですが、必ずしもそうではなく、

 

別れて始めて本当の幸せを感じれる人など、

 

離婚が新しい幕開けになる人も女性は特に多いのです!

 

 

再婚しても今より良い状態を見込めず、良くならない方も、

 

離婚してどんどん社会進出していく人もいます。

 

 

比較的印綬正官の方などは、こうじゃなくちゃ、

 

こうあるべきという型にはまり込んでしまう方が多いので、

 

離婚は自分にとって汚点のように捉えがち、

 

なんとか修復できる道を探す人です。

 

 

逆に傷官偏官の方は、さっさと割り切り、次!みたいな、、、

 

 

去年ご相談されていた方は、理想の離婚とまでは行かずとも、

 

とても気持ち穏やかに、お互い頑張りましょう!

 

という形での離婚でしたから、

 

終わった後ご報告をいただいた時はとても爽快でした。

 

 

話の持って生き方1つで逆上されてしまうなんてありますから、

 

作戦を立てる場合も一緒に考えます。

 

 

たまたまその方は今年、色んな人生の選択をしない方がいい時期でしたので、

 

それをお伝えしたら、準備をしながら3年後がいいと思っていました、、、と。

 

 

ちょうどその時期が整理の時期に来ていたので、

 

ゆっくりいろんなことを準備されていくのでしょう。

 

 

お子様もいる離婚は特に縁が切れないわけですから、そんな離婚が理想ですね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

いつも応援ありがとうございます。

 

蓮真
今なら《四柱推命メールセミナー》を無料で公開中です。
良かったら下記からご覧くださいませ。