【四柱推命】鑑定で今まで何人観てきたという表現がありますが、、、

 

どこの窯元か忘れましたが、弟子の修行の終わりが、

 

面白い形で決められていて、なるほどと思ったので、紹介します。

 

毎日毎日、手に触れ、目に触れるわけですが、ある日、

 

師匠が作ったものではないいわゆる偽物ものを入れるのだそうで‥

 

それに気づいた者だけが、卒業となるようで。

 

 

もちろん、きっと修行した人でないと見分けることが出来ない程の

 

ものを入れるのだと思います。

 

よく、鑑定で、今まで何人観てきた、というような表現がありますが、

 

それも理屈ではない勘が働く事があるからなのだと思います。

 

昔、100人に聞きました、というクイズ番組がありました。(時代がバレますね)

 

あれも、10人に聞いたのでは参考にならない、、、笑

 

私も霊感はありませんし、まだまだ勉強中ですが、たくさんの方と接して、

 

鑑定させてもらったおかげで、少なからず分かるようになって来ました。

 

“量は質に変わる”のです。

 

教科書どおりではないものが、あるのです。

 

 

四柱推命、本当に面白いのです。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

いつも応援ありがとうございます。

蓮真
今なら《四柱推命メールセミナー》を無料で公開中です。
良かったら下記からご覧くださいませ。