【四柱推命鑑定】十二支の相性がどうかでわかること PART1

 

四柱推命は、生年、月、日、時間の4つの柱から推命できるのですが、

 

その漢字二文字の下の枝部分の支の十二の相性が、どうかという見方があります。

 

 

合う場合、支合、三合と言いますが、それとは対照的に、

 

悪く作用する組み合わせがあり

 

『刑、冲、破、害 ケイ、チュウ、ハ、ガイ』といいます。

 

 

鑑定では、この中の刑、冲を主に観ています。

 

命式とは別に大運、流年でも、悪い作用が出てきますし、

 

その作用もそれぞれです。

 

 

刑については、強弱ありますが、下の5つ。

 

●辰と辰  午と午  酉と酉  亥と亥は、”自刑” と言い、二番目に凶害が強い。

 

字の通り、プライドが高く、自我が強くなり、引くに引けず、争いを起こしたり、

 

それによって失敗するような現象が起こりやすいです。

 

 

 

●子と卯は “無礼の刑” といい、

 

最も凶害のパワーが強く、他人に無礼な態度をとったり、礼儀をわきまえず、

 

恩を忘れて友人や肉親に害を与えたり、、、あまり欲しくない組み合わせですね。

 

男性は裏切りなどの確率が上がります。

 

 

 

●寅と巳 . 巳と申 . 寅と申 の組み合わせは、 “勢いを恃む刑”で、凶害は少なめですが、

 

自意識過剰で突っ走りすぎて失敗する、怪我、事故に遭いやすい自滅型。

 

女性は孤独になりやすいです。

 

 

 

●丑と戌 . 戌と未 . 丑と未  の組み合わせは、 “恩義無き刑” で、凶害はあまりないのですが、

 

人の善意を逆恨みしたり、恩を仇で返しやすいなど、本人の命式の時期によっては出てきます。

 

“無礼の刑”   “勢いを恃む刑”   “恩義無き刑” を 【 三刑 】 とも呼びます。

 

 

 

●子と午と亥 の組み合わせを”酒刑”といい、普段はおとなしいのにお酒が入ると

 

人が変わってしまうような、酒乱やアルコール中毒などで身を滅ぼすことに、、、

 

 

 

少し難しい話でしたが、かなり関係がありますので、書きました。

 

 

クライアント様には、命式中にある場合、

 

赤い実線と点線で書き込んでいますので、

 

確認してください。隣同士は、特に強く出ます。

 

ない場合は、時期だけ見れば良いので、問題ないですね。

 

 

どの柱にあるかの組み合わせでも変わってきます。

 

十二運星の強さなどでも変わってきます。

 

何かと奥が深い四柱推命です。

 

冲 (チュウ)については、また次回、、、

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

いつも応援ありがとうございます。

蓮真
今なら《四柱推命メールセミナー》を無料で公開中です。
良かったら下記からご覧くださいませ。