【四柱推命】その星そのものにも個性を持っているのが十二運気星です。

 

変通星の強弱を表わしたり、

その星そのものにも個性を持っているのが十二運気星です。

 

人の一生に擬えているので、胎から始まり、冠帯、建録、帝旺と旺盛し、

 

その後の衰、病、死、墓、絶となって、また始まりで、胎、、と続いていきます。

 

命式に、特に中心に“衰” “死” “病” “墓” “絶”があると

 

不吉な感じがありますよね。

 

 

何の説明もなく見て頂くと、皆さん”死んじゃうの?”とか、

 

“ダメって事ですか?”と、なります。

 

そうじゃなくて、、、と説明をするのですが、

 

実は”漢字”のまま、注意しないといけない星があります。

 

“病”がそれ。

 

“病(びょう)”というのは、病気をに苦しむ、

 

というような意味ではないのですが、実際にこの星を持っている方は、

 

病気をすると長患いになりやすかったり、大病しやすいです。

 

 

元々の性格は、病人が静かに日々を過ごすように、

 

あまり騒がず、物静かなイメージ。

 

病気の時、沢山の方のサポートがあるように、

 

“病”の方は色んな人に助けてもらえるし、

 

応援してもらえます。

 

 

人情にも厚く風流人と、悪くないですが、

 

巡ってくる時期によっては、大きな手術を伴ったりしています。

 

 

小さい頃に大病したり、弱かったり、というのが

 

あるのもこの星の人です。

 

空亡や、相剋を迎える、傷官が巡る、病符や死符、血刃が巡る前は、

 

特に対策をお勧めしています。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

いつも応援ありがとうございます。

蓮真
今なら《四柱推命メールセミナー》を無料で公開中です。
良かったら下記からご覧くださいませ。