【占い 鑑定】何にでも効果絶大の最上の吉日とも言われるのが天赦日。

 

暦の上で“天赦日”という日があるのをご存知ですか?

暦注の中の選日の一つ。

十干十二支の組み合わせから吉凶を出します。

 

“大安.仏滅”などの六曜(これは、あまり関係ない話と、以前ブログ書きました)とは別です。

一粒万倍日”は、吉日として、よく知られていますが、

 

最上の吉日とも言われるのが天赦日。

 

“てんしゃび” とか、てんしゃにちと読みます。

 

季節で見る神殺のようなもので、四季に各1回ずつある、

 

天がすべての罪を許という最上の吉日。

春は戊寅(つちのえとら)、

夏は甲午(きのえうま)、

秋は戊申(つちのえさる)、

冬は甲子(きのえね)の日、

です。

 

月に4〜5日ある一粒万倍日に比べて、年に数日しかない天赦日は、

 

やはり希少で特別な日。

せっかくなら利用したいです!

注意なのが、”不成就日”といって何をやってもダメ!な日と重なっていないこと。

後は自分の金鎖や相剋と重なっていないことです!

 

希少な日と言っても自分にとって干支(カンシ)の相性が悪ければ意味がありません。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

いつも応援ありがとうございます。

蓮真
今なら《四柱推命メールセミナー》を無料で公開中です。
良かったら下記からご覧くださいませ。