【魁ごう(かいごう)の人】個性を知り活かせばいい方向に行きます。

 

神殺(しんさつ)というものがあります。

 

私が普段、”特殊星“と呼んでいて、

 

鑑定書の下の方に書き出しているものです。

 

これは、それぞれ各柱によって当てはめて行くため、

 

その人によって出す個性のようなもの。

 

誰にでも出やすいものから、ほとんど出ないようなものまで、

 

全ての数は数えきれないほどです。

 

100以上は軽くあります。

 

 

最初の鑑定では、全て重要でもなく、そこまで必要でもないので、

 

絞って書き出しています。

 

その中に 魁ごう(かいごう)というのがありますが、

 

60干支ある中で、たった4つにしかつきません。

 

庚辰(かのえたつ)、庚戌(かのえいぬ)、壬辰(みずのえたつ)、

 

戊戌(つちのえいぬ)の人。。。

 

生まれ日の日の柱に出ている漢字2つ、干支がそれです。

 

 

よく、良いのか?悪いのか?と言う見方で聞かれますが、

 

これは結論から言えば、、、どちらとも言えます。

 

この魁ごう(かいごう)の人、、、

 

実践力があり、優れた素質ももち、社会的に成功します。

 

異常な発展もあるのですが、とても強く波乱になりやすいとされています。

 

ようは、両極端に働く星。なのです。

 

そして組み合わせなどで、その条件は変わります。

 

庚辰(かのえたつ)・庚戌(かのえいぬ)は”官星”が、

 

壬辰(みずのえたつ)・戊戌(つちのえいぬ)の場合は

 

“財星”があると出世を閉ざされたり、貧窮など、凶暗示となったり、、、

 

それは、毎年変わる年の運気でも関係あるので、

 

官や財運が回った時などに見なければいけません。

 

 

魁ごう(かいごう)は変化に富んでいる??のです。

 

魁ごう(かいごう)の女性は、美人。なのですよ!

 

 

先週話したクライアントの女性が、まさに庚戌(かのえいぬ)。

 

もともと、”金”の五行を持ち合わせている方は、どんどん削られ、

 

磨かれてイキイキしてくるのですよー!とお伝えしました。

 

その辺の石なら、磨いてもちょっとツヤが出るだけですから、、、

 

そして、その人に乗り越えられない試練はやってこないのです。

 

例えば、命式を見て、本人に強い運がないとがっかりする人も中にはいますが、

 

人に良し悪しはありません。

 

上手く人の手を借りたり、足りない穴埋めをすればいいですね。

 

個性を知り、上手く活用して活かせば必ずいい方向に行くと思います(*^^*)

 

特殊星、絶対ではないです、でもかなり当たりますよ!!!

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

いつも応援ありがとうございます。

 

蓮真
今なら《四柱推命メールセミナー》を無料で公開中です。
良かったら下記からご覧くださいませ。