【天徳の話】運気は巡ってくるので時期を見ながら動くといいですね!

天徳のお話です。

 

見るからに縁起の良さそうな天徳ですが、

 

細かくは天徳貴人、天徳合、そしてエネルギーはその半分の月徳貴人、

 

月徳合とあります。

 

貴人と合にも差があり、貴人の半分が合なのです。

 

天徳貴人が100としたら、天徳合が50、月徳貴人は50で、

 

月徳合は25、といった感じです。

 

天徳、月徳の違いは太陽と月ですが、父方と母方という見方もあり、

 

何れにしても先祖のサポートを受けられるわけです。

 

どちらもある人は、より強くなります。

 

自分自身にも天徳を持っていると強運とされますが、

 

運気は巡ってくるので、時期を見ながら動くといいですね。。

 

先日書いた、一緒に回ってくる、、という人。

 

例えば空亡と天徳が同じ”申”のように、毎回巡る時には同時に来る人です。

 

空亡はちょっと意識するだけでいいと思いますが、

 

相剋の時、自分を痛める年回りや月、日など、

 

その場合はちょっと邪魔が入りますので、天徳だからと手放しでは喜べません。

 

いい事も、悪い事も起こりうる時なのです。

 

例えばですが、火事で全焼したけど、保険で大金が入った、、、とか。

 

一昨年になりますが、ある社会人チームを率いる監督さんが

 

天徳と相剋が同時に来ていて、その年全国大会へ出場したのに

 

その後の試合の采配が悪かったと判断され解雇になりました。

 

同じ年に、なんと極端な、と思われるかもしれませんが、

 

プラスとマイナスでチャラ!になることはありません。

 

どちらも、ありなのです。

 

でも、両方あると、身動き取れない感じがしますよね?

 

いいのか、悪いのか、、、ジッとしててももったいないし、

 

いい時なら動きたいし。

 

これは、1年で見るのではなく、その中の月によって良し悪しがあるので、

 

細かくいつが良いのか見ていくことをおすすめしています(^^)

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

いつも応援ありがとうございます。

 

 

蓮真
今なら《四柱推命メールセミナー》を無料で公開中です。
良かったら下記からご覧くださいませ。