【四柱推命 宿命】正式には届けを出した日が正しい記念日ですね!

 

結婚する時の入籍日は大切ですね。

 

 

よく、結婚式を挙げた日を記念日にされる方がいますが、

 

正式には届けを出した日、入籍した日が正しい記念日ですね(^^)

 

 

もちろん、セレモニーも良い日であることには違いないですが、

 

何より、スタートの日、入籍日はとても大切です。

 

 

毎年数組の入籍日の依頼をいただき、幸せな限りですが、

 

今回はとても難航しました。

 

 

そもそも全ての相性が合わない相手は引き合わないし、

 

恋愛対象にもならないのですが、、、

 

五行や、干支変通性、また他柱など引き合う星やその強弱などの相性、

 

性格も全く違うところに惹かれたり、嫌だと分かっていても腐れ縁など、

 

色々なパターンがあります。

 

 

ご依頼の2人は、変通星で見る相剋の関係。

 

なので、入籍については、お互いの命式を見て、かなり慎重に出しました。

 

というのも、片方が強すぎてもダメ、両方ともにいいところを

 

見なくてはいけないのです。

 

ほどほどにちょうど良いところがベストです。

 

本人にとって良い日でも、夫から見る妻(正財)を痛めず、

 

妻から見る夫(正官)を痛めず、

 

自分の命式とも相性が良く、それが五行でみる年や月との相性も良く、、、

 

と、集中しないと混乱しそうになります(^^)

 

 

待ちにに待たれていたので、なんとか奥様のお誕生日に間に合わせて

 

お知らせしたところ、

 

なんとこちらが出した入籍日は、偶然にも旦那様のお誕生日でした。

 

ビックリ!!何という偶然!

 

とても喜んでいただきました(^^)

 

 

実は私も夫の誕生日に入籍していて、

 

毎年一緒にお祝いをしてもらう(強引にですが)ので、

 

忘れられずいいかもしれませんね(^^)

 

今年もすでに2組のご依頼を頂いており、

 

人生の大切な節目をお任せいただきとても感謝しています(^^)

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

いつも応援ありがとうございます。

 

蓮真
今なら《四柱推命メールセミナー》を無料で公開中です。
良かったら下記からご覧くださいませ。