【占い 鑑定】四柱推命より歴史が古い六壬神易(りくじんしんえき)。

 

占いといっても、色々ある中、やはり命術は的中率も高く、

 

私もいろんな事を決めていくのに心強いツールとなっていますが、

 

四柱推命よりまだ歴史が古い占断法に六壬神易(りくじんしんえき)があります。

 

 

その日、この日、など占う日の干支、時刻の十二支、

 

それとその時期を示す月将(太陽の黄道上の位置の指標と

 

時刻の十二支から作る天地盤と呼ぶ「盤」)で、

 

その事柄の命運や吉凶を読む占断法。

 

その日が晴れか雨か、

 

妊娠するかしないか、だけではなく、男女の別、

 

遺失したものが盗難か、ただ忘れたのか、

 

家出人が今何処にいるのか、、、等。

 

書き出すときりがないほど。

 

一見朴術と似ているようで、天地の作用に基づいた全く別ものなのです。

 

五行からなる、六壬神易。

 

難解を極めるので、多くの年月が必要ですが、

 

より細かくアドバイスできます。

 

終わりがない、本当に深い世界、、、

 

今は四柱推命一本の私ですが、

 

勉強していきたいです。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

いつも応援ありがとうございます。

蓮真
今なら《四柱推命メールセミナー》を無料で公開中です。
良かったら下記からご覧くださいませ。